携帯電話を買取に出す方法や手順を解説

不要になったスマホやiPhoneなどの携帯電話を買取に出すのは賢い処分方法です。しかし、携帯電話を買取りに出すときはそのままの状態で出してしまうと、個人情報の漏洩につながるため、きちんと手順を踏むようにしましょう。スマホやiPhoneを売却することに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、近年機種本体の価格が高額になってきているため、少しでも購入価格を抑えようと中古を求める人が増加しています。そのため売却に出した場合、高値で買い取ってくれるところが多くなってきています。売却に出す場合は、店舗もしっかり選ぶようにしましょう。怪しげな小さい店では、初期化のみで販売されることもあるため全国展開しているような有名店で売却したほうが安全といえるでしょう。

使用していた機種の初期化をする

売却を決めたら、機種の初期化を行います。iPhoneの場合、パソコン上のiTunesを利用する方法とiCloudを利用する2つの方法があるため、そのときの状況によって使い分けるようにしましょう。iTunesのほうがそのままの状態で行えるため、初心者の人におすすめです。スマホやガラケーの場合は機種によって初期化の方法が異なってきますが、設定メニューから行えることがほとんどです。不安な場合はインターネットで検索してみるのもおすすめです。説明書が手元にある場合は、説明書の初期化のページを参考にしてもいいでしょう。iPhoneの場合、初期化後にアクティベーションと呼ばれる設定を行い、自分の電話番号を削除する必要があるので、忘れずに行うようにしましょう。

大切なデータはバックアップをする

初期化を行うと本体のメモリに記録されていた電話帳やメール、画像といったものが全て一括で削除されます。そのため、初期化を行う前に残しておきたい大切なデータはSDカードかパソコンのバックアップソフトなどを利用して保存しておくようにしましょう。SDカードを入れているから大丈夫と安心していても、保存先が本体になっている場合があるため必ず保存先を確認してから初期化を行いましょう。スマホの場合、初期化を行ったらSDカードとSIMカードを抜き取ります。ここまでの作業が終了したら、あとは店舗に持って行き売却しましょう。更に念を入れておきたい場合は、データを綺麗に削除してくれる専用ソフトがあるため、きちんと削除されているか確認も含めて使用するのもいいでしょう。